CHECK

法改正で欠陥住宅は減りつつあり建売住宅

法改正で欠陥住宅は減りつつあり建売住宅

住宅を買うときに注文住宅か建売住宅なのかを決めないといけませんが、その点は各自に自由に決めることが可能です。注文住宅のほうが若干料金が高いような特徴がありますから、建売住宅を選んで買う人は昔から比較的多いような特徴もあります。一昔前ですと欠陥住宅のような問題もありましたが、年々法改正で住宅を建てるときの条件などが厳しくなっていきましたから、現在では基本的には安全に住むことができる住宅を安心して買うことができる筈です。 耐震性の条件なども厳しくなっていますから、ある程度大きな地震が起きても建物には影響がでないケースも珍しくありません。欠陥住宅を購入してしまうと結果的に短期間しか生活をすることができませんから、基本的には安全に住める住宅を選んで購入していくのが大切です。建売を買う場合は事前に建物などをチェックすることができますから、内部の状態や周囲の環境などを理解した状態で契約を結ぶことができます。

建売住宅で品質チェックする際のポイントとは

建売住宅には色々とメリットがあるとはいえ、初めて購入する人にとっては、何かと不安があるはずです。特に住まいの品質については、入居後の暮らしの快適さや安全性にも直接関わるため、内覧会や住宅展示場などへ積極的に足を運んで、しっかりチェックすることが求められます。まず最初によくチェックしたいのが、キッチンやお風呂場あるいはトイレといった水まわり。これらのゾーンは故障や経年劣化しやすいため、機能性や耐久性はもちろん、故障した際のアフターメンテナンスの充実度まで、トータルに品質チェックが肝心です。また壁やドアあるいは階段など、日常生活で触れやすい箇所の素材や耐久性も、しっかりチェックしましょう。特に頻繁に開閉するドアについては、重さや質感そして配置なども、よく見極めることが大事です。建売住宅の品質チェックでは、販売会社選びも重要なポイントになります。例えば問い合わせ先が仲介会社ではなく、売主自身が施工した住宅メーカーであれば、責任の所在も明確になるため、品質にも一定の信頼性があると言えます。もう1つ忘れてはならないのが、品質保証の有無です。建売住宅を建設販売する事業者であれば、法律上は10年間の品質保証しなければなりません。これが不明確な業者は違法のおそれがあるため、避けるのが無難です。

建売に関する情報サイト
建売住宅を購入しよう

このサイトでは、建売住宅を購入することになった場合に知っておくと役立つ知識をご紹介しています。このサイトを見ることで知識を増やすことができますので、検討している場合には目を通しておきましょう。法改正が行われたことで欠陥住宅は減りつつあることについても説明しており、実際に購入することに決めたら見学が可能な物件の方が便利であることも述べています。見学することで実際の生活をイメージしやすくなり、ギャップをなくせます。

Search