CHECK

知っていると建売住宅の購入で役に立つ!住宅の知識が増える情報をご紹介

このサイトでは、建売住宅を購入することになった場合に知っておくと役立つ知識をご紹介しています。
このサイトを見ることで知識を増やすことができますので、検討している場合には目を通しておきましょう。
法改正が行われたことで欠陥住宅は減りつつあることについても説明しており、実際に購入することに決めたら見学が可能な物件の方が便利であることも述べています。
見学することで実際の生活をイメージしやすくなり、ギャップをなくせます。

知っていると建売住宅の購入で役に立つ!住宅の知識が増える情報をご紹介

建売住宅の購入を検討している場合に知っておきたい情報として、すでに物件が出来上がっているために自分の目で間取りや設備を確認でき、気に入ってから購入できることが大きな特徴となっています。
周りの環境もしっかりとチェックでき、材料を大量に仕入れるために実現できる安さも魅力です。
建売住宅では手ごろな価格帯が増えているといっても品質には問題がありませんので、安くて高品質な住宅を求めている場合にも選ぶことができます。

注文住宅よりも優れている建売住宅のメリット

多くの方が家を購入する際には建売ではなく注文住宅の方が優れていると判断をするものですが、この問題に関しては正解でもあり不正解でもあると判断できます。
その理由は注文住宅の場合はこだわりを追求した住宅になることが一般的なので、今まで誰も住んだことが無いというレイアウトが多い傾向にあります。
実際に生活を送ってみると生活動線が良くなかったり、こだわりを持たせた場所では多額の資金を費やしたとしても実態は不要スペースになる可能性は否定できません。
逆の発想で建売住宅のメリットを探ってみると、各ハウスメーカーや工務店によって数多くの建築実績を持つ会社の場合は、全てが平均的で生活動線は勿論のこと、万人向けの構造に仕上がっていることが多いので、後から後悔をしてしまうことは殆どありません。
更に購入から10年以上も経過するとリフォームが必要な場所は出てしまいますが、建売住宅の場合は水回りの各設備に対しても一般流通している普通タイプを用いていることが多いので、リフォーム料金を安く済ませられることもメリットではないでしょうか。

建売住宅の購入で失敗しがちな事例

購入後にすぐに入居できるのが建売住宅の魅力ですが、一方で間取りが決まっているためにあまり快適に暮らせない場合もあります。
特にトイレが1か所しかない物件の場合には、引っ越した後で不便さを強く実感することが多いです。
したがって建売住宅を買うときには、設備面に注目しながら失敗事例を参考にするべきです。
またスキーなどのレジャーに出かけることが多い世帯は、収納スペースが狭いために後悔することがよくあります。
特に都市部の低価格帯の一戸建て住宅は、押し入れやクローゼットが平均よりも狭いのが難点です。
更に狭小地に建築された建売物件は、駐車スペースが狭いケースがとても多いです。
駐車スペースが狭いと、大型のワゴン車が入らなかったり入出庫が難しいことも珍しくないです。
周辺環境に注目しなかったために、購入を後悔するケースも増えています。
とりわけ子育て中の世帯は、交通力が少なくて子供が安心して暮らせる環境を重視するべきです。

建売住宅の購入で必要になる費用の内訳

既に完成している建物を土地付きで販売している建売住宅は、住まいのあらゆる部分にこだわる自由設計の注文住宅と比べれば、購入費用が安く済むと言われます。
とはいえ、住まいの購入といえば、一生のうちで大きな買い物になるのが通常。
たとえ建売住宅の購入であっても、その内訳を見ると、何かと費用がかかることが理解できるはず。
例えば売り主である住宅メーカーと売買契約する際には、一般的に購入価格の5%〜10%程度を目安とした手付金が必要になりますし、売買契約書に貼る印紙で納税しなければなりません。
また不動産販売会社が仲介に入れば、仲介手数料も支払うことになるでしょう。
売買契約が成立すると、土地と建物を所有権移転登記することになるため、該当する物件価格の1%以内の登録免許税が課せられますし、素人では難しい登記手続きを司法書士に依頼すれば、その費用も必要になります。
さらに住宅ローンを組んで売買契約したなら、ローン保証料や団体信用生命保険料がかかるのが通常。
なお住宅ローンを組む場合には、火災保険料や地震保険料の加入を必須条件にするケースが一般的です。

自己資金と住宅ローンを活用し購入する建売住宅

自己資金だけで建売住宅を購入する人はあまりおらず、大抵は住宅ローンを組みます。
どの程度の貯金を用意すれば良いのかは購入する建売住宅の金額によっても異なります。
全く貯金を持っていない状態でも収入次第では購入できますが、その場合は住宅ローンですべて賄うことになりますので、月々の返済額が大きくなって大変です。
売る側は自己資金がなくても問題ないというかもしれませんが、やはり順調に返済をするためにはある程度の貯金が必要になります。
頭金を用意してから動き始めるのが得策であり、建売住宅の場合でもそれは変わりません。
ローンの返済額が大きくなると、収入うに変化があった時に対応できなくなる可能性があり、景気の影響等ので給料が下がったために返済が滞ってしまうケースは少なくありません。
そうならないためにも資金計画は綿密に行い、無理のない範囲での借り入れにすることが大切です。
金利の安いタイミングで組むことも楽にするためのポイントです。

建売に関する情報サイト
建売住宅を購入しよう

このサイトでは、建売住宅を購入することになった場合に知っておくと役立つ知識をご紹介しています。このサイトを見ることで知識を増やすことができますので、検討している場合には目を通しておきましょう。法改正が行われたことで欠陥住宅は減りつつあることについても説明しており、実際に購入することに決めたら見学が可能な物件の方が便利であることも述べています。見学することで実際の生活をイメージしやすくなり、ギャップをなくせます。

Search